HOME > 入れ歯治療 > レジン床と金属床の違い
入れ歯治療

レジン床と金属床の違い

レジン床義歯(保険) ~ プラスチック

写真:レジン床義歯(保険)× 食べ物の熱い、冷たいが伝わりにくい
× ぶ厚く、しゃべりづらいこともある
× 割れたりひびが入ったりすることがある
× 汚れやすい
× たわむので残った歯を動かしてしまうことがある
○ 保険でできるので比較的安価
1床 約1万円

金属床義歯(自費)

写真:金属床義歯(自費)○ 食べ物の熱い、冷たいがよく伝わって食事が美味しい
○ 金属部分は汚れにくく、清潔さを保ちやすい
○ 薄く細くできるので快適
○ 丈夫で壊れにくい
○ たわまないので残った歯と歯茎にやさしい
○ いろいろな種類の金属があり、金属アレルギーの恐れが少ないチタンもあります。
○ 患者さんの希望に応じた設計ができます
◎ 構造設計(ビル、橋の設計と同じ建設力学)に基づいた入れ歯の設計ができる
× 治療費用 1床 40万円

~レジン床と金属床の大きな違いは快適さにあります~

金属床義歯 ~自費について~

金属床義歯とは、入れ歯の主要部分を金属で作った入れ歯です。
レジン(プラスチック)に比べて丈夫な素材である金属を使うため快適で、たわまず、丈夫な入れ歯を作ることが可能になります。
金属ならではの薄い仕上がりは違和感を少なくし、お口の中を広く感じさせ、熱の伝わりの良さで一層おいしく食事を楽しむことができます。

金属床義歯の利点

イラスト:金属床義歯の利点1 薄く快適。
保険入れ歯の約1/3の薄さで入れ歯を作ることができます。

イラスト:金属床義歯の利点2 温度が伝わる。
食べ物の温度を瞬時に伝えることができます。

イラスト:金属床義歯の利点3 歯にも優しい。
部分入れ歯でも残っている天然歯にあまり負担をかけません。

コバルト床

写真:コバルト床金属床義歯としてコバルトクロム素材は最も歴史のある素材です。熱伝導も良く清潔で美しい状態で、永く快適にご使用いただけます。
構造設計の義歯に使用します。

『治療用義歯+自費の義歯(or 保険)を、お勧めします。
治療用義歯とは、今まで使っていた入れ歯でついた咬み合せの悪い癖を治す為や、入れ歯の形を決めるための予行演習の様な仮の入れ歯です。治療用義歯から得られた情報からさらに改善した最終の入れ歯が出来上がります.