HOME > 入れ歯治療 > 構造設計の入れ歯とは
入れ歯治療

構造設計の入れ歯とは

イラスト:構造設計の入れ歯とは構造設計とは、建築関係の用語です。あらゆる建物は、柱・梁・壁・基礎といった構造物が存在しなければ、建たないし、建つためには構造的裏づけが必要になります。そのために大型コンピューターを用いて建物の強度を確認する構造計算が行われます。それを数値化することを構造設計といいます。人工衛星やジェット機にも利用されています。また、当然のことですが、構造設計の前には基本設計が行われます。

1995年の阪神大震災後の神戸ですが、木造建築や街灯は、無残な状態ですが、構造設計のされた超構層ビルは、ほとんど無傷で、何も無かったかのようです。

写真:構造設計の入れ歯とは

使用材料の性質、特性、強度、また、幾何学的要素・応力・ひずみなど、建築の理論を取り入れ、構造力学を考慮し、薄く、小さく、しかし強く作られた入れ歯が、構造設計の入れ歯です。そして、何グラムといった数値で表現されます。
たとえば、横になった板は曲がるが、縦にすると曲りません。また、棚のつっかえの位置で棚の強度は変わります。

イラスト:構造設計の入れ歯とは

入れ歯は下記の構成要素からできています。

イラスト:構造設計の入れ歯とは

その構成要どこに何を配置するかといった基本設計~入れ歯製作の基礎となる設計どのように作るかといった構造設計~数値化された設計から作製します。

イラスト:構造設計の入れ歯とは
基本設計 構造設計
写真:構造設計の入れ歯とは

構造設計の入れ歯の利点

軽く、薄く、小さい、しかし壊れない
入れ歯の出し入れが容易、しかし外れない
留め金のかかる歯に加わる力を300~500gに調整できる
入れ歯全体の出し入れの力を1000~1200gに調整できる
数値化することで基準ができる

症例

74歳 女性
左右のバランスからあえて右も左も入れ歯に

写真:症例
左上入れ歯希望 基本設計 構造設計

治療費 1床40万(金床1床60万)

引用文献 『バイオ・キャストパーシャル』 川島 哲(著) 医歯薬出版KK発行