HOME > 入れ歯治療 > 入れ歯症例
入れ歯治療

入れ歯症例

症例1

74歳 女性:左右のバランスからあえて右も左も入れ歯に

写真:入れ歯症例

74歳という年齢、高血圧、インプラントをいれれば7~9本必要で高額、といった理由からインプラントより構造設計義歯を選択

症例2

75歳 女性:左右のバランスからあえて右も左も入れ歯に

写真:入れ歯症例

75歳という年齢、右上は骨がなく骨造成の必要あり、インプラント5本、肺癌、といった理由からインプラントより構造設計義歯を選択

症例3

73歳 男性

写真:入れ歯症例

骨は十分、インプラントは2~3本、とインプラントの最適応だが 外科処置を避けたいとの希望からインプラントより構造設計義歯を選択

症例4

62歳 男性:左右のバランスからあえて右も左も入れ歯に

写真:入れ歯症例

写真:治療風景骨は十分、インプラントは3本、とインプラントの最適応だが 他の天然歯の予後が不確かなので構造設計義歯を選択し経過観察

構造設計義歯のケースはすべて、トップデンチャリスト奥森健史、立会いのもと診療しています。 ただ入れ歯を作製するだけでなく、初診から治療計画を共同で行い、必要に応じて診療室に出向しています。 なぜなら、より良い構造設計義歯を作りたいから。

治療費:1床40万(金床1床60万)