HOME > 虫歯治療 > レングスニングとは?
虫歯治療

レングスニングとは?

レングスニング(臨床的歯冠長増大術)とは・・・
歯肉から見えている歯の高さを変える処置のことを言います。

理想的な形態

なぜレングスニングが必要なのか??

イラスト:レングスニング補綴物(銀歯やブリッジなど)を入れるためには、 最低3.5mmの歯の高さ(土台)、2.0mmの補綴物の厚みがないと維持が難しいと言われています。
そこで、補綴物を入れる前にレングスニングをする事で歯の長さを確保することが可能になり、よりしっかりとした補綴物を装着することができます。

写真:レングスニング(例)
右記の写真の場合、補綴物の厚みが無く、高さ(土台)が足りない為に仮歯が割れてしまい、このままでは最終補綴物(銀歯)を作っても維持が難しいと判断した症例。

実際にレングスニングを行った写真


写真:レングスニング治療を行うにあたって・・・ 
1.外科治療になります。
2.保険適用です。(約1万前後)
3.治癒するのに約3ヶ月かかります。