HOME > 虫歯治療 > 虫歯の原因は細菌
虫歯治療

虫歯の原因は細菌

ムシ歯菌が感染するって、ご存知ですか?

虫歯の原因菌はご両親の口から赤ちゃんの口にうつります。

生まれたばかりの赤ちゃんは、ほとんど無菌の状態です。
お父さん、お母さんの口の虫歯の原因菌は、口移しでご飯を与えた時などに赤ちゃんに移ります。そのため、お父さんやお母さんの口のなかに虫歯の原因菌が多いと、赤ちゃんも虫歯の原因菌が多くなり、虫歯になりやすくなってしまいます。


ムシ歯菌は母親や家族から子どもへと感染します。
子どもの歯が萌えそろう19~31ヶ月の間(2歳前後)にスプーンなどについた母親・家族の唾液を介し、ムシ歯菌は定着するのです。

もしも、母親・家族のお口がムシ歯だらけだったとしたら…?
子どもは生涯そのムシ歯菌とつき合っていくことになるでしょう。
よく、「私が歯で苦労したから、子どもには同じ道をたどって欲しくない」という声を聞きます。

それにはまずお母様・ご家族の方のお口の中を知っていく必要があります。

”ムシ歯を放ってはいませんか?“
”毎日のプラークコントロールはきちんとできていますか?“
”定期的な検診・クリーニングを受けていますか?“

ムシ歯菌の母から子への感染  ムシ歯菌の母から子への感染
グラフ:ムシ歯菌の母から子への感染  グラフ:ムシ歯菌の母から子への感染 
母親の口腔内のムシ歯菌が多ければ
多いほど感染率が高くなっています 
ムシ歯菌に感染している母親の口腔内を
清潔にすることで、子供への感染を減少
させることができます

これらの確実な指標として、ムシ歯のリスクを調べるカリエス・リスク検査があります。
検査は、ごく簡単なもので、ご自身の唾液から検査することができます。
ムシ歯菌の数・唾液の大切な働き・食生活を知ることで、ご自身に合ったムシ歯予防の方法を知ることができます。

イラスト:虫歯の原因は細菌感染症であるムシ歯の予防を考えるには、お子様とお母様、ご家族全員のムシ歯のリスクを知ることが大切です。