HOME > 虫歯治療 > 診断用ワックスアップとは
虫歯治療

診断用ワックスアップとは

写真:診断用ワックスアップこんな歯が入っています。
色、形、適合などよくありません。
このまま型を採ってきれいに仕上がるでしょうか?
左右の高さが合ってなく、
歯の先端や歯肉の位置は、左右対称ではありません。
歯は前に傾いています。

写真:診断用ワックスアップ

上下で型取りを行い、咬合器にCRマウント(装着)します。
今のかみ合わせに関係のない、顎関節・筋肉によって決まる位置(中心位)です。
咬み合わせはおかしく、全体の高さが低いので、1mmかみ合わせを挙げています。
それから、最終的に作りたい形態を作ってみます。

写真:診断用ワックスアップ

実際にワックスで作製してみると、左右のバランスが取れるところと、取れないところが明瞭になってきます。右側の咬み合わせの面はまっすぐなのに、左側の咬み合わせの面は凹になっています。左右対称にするには、左下の歯を削って短くしなくてはなりません。 つまり、上だけでは治療にならないことがわかります。
そして、修正されたワックスアップを基に、仮歯(プロビジョナル)を作製していきます。

診断用ワックスアップ   1歯に付き ¥6000(税別)
仮歯(プロビジョナル)  1歯に付き ¥6000(税別)