HOME > 虫歯治療 > プロビショナルについて
虫歯治療

プロビショナルについて

なぜ仮歯が必要なの?

最終補綴物(かぶせもの、さし歯)が入る前に、お口の中を最適の状態に整える為に必要です。

写真:仮歯当医院では、一度入れた歯は永く永く使って頂きたいと願っています。
そしてその為には、お口の中の環境を良い状態に整えてから補綴物を入れる、という手順が必要不可欠です。仮歯を入れることにより、噛合わせ、違和感、隣の歯との調和等、様々な事がシュミレーションできるのです。
もし、長年にわたって、ずれた噛み合わせをしている部分があるとしたら仮歯を入れ、正しい噛み合わせをつくり、調整し、患者さんにも慣れていただいてから、最終補綴物を入れる、これが当医院の治療のやり方なのです。
歯の為だけではありません。一見まどろっこしく思えるこのやり方は、歯ぐきの為にも、かなりの威力を発揮します。歯ぐきのラインに沿った精密な仮歯を入れれば、それまでハブラシやフロスが通らなかった部分も清掃できます。清掃性が高くなれば、必ず歯ぐきの状態は良くなります。合わない仮歯が歯ぐきを腫らせてしまうこともあるのです。
キュッと締まった歯ぐきになってから最終補綴物を入れる…それがとても大切なのです。

仮歯を永く使うことはできないの?

ごめんなさい、それはできません。

当医院の仮歯は、専属の技工士が、まるで本物をつくるような手間と時間をかけて作製しています。
ですが、素材はあくまでアクリリックレジン(プラスチック)なのです。
何十キロという噛む力にはたえられませんし、精密度は本物に比べ格段に劣ります。
治療期間が長くなる患者さんには、度々噛み合わせの調整をし、厳しいチェックを入れながら使用していただいています。
また、仮歯は取り外すことを想定したセメントで接着しています。時々取れたりしてご迷惑をお掛けしますがどうかご了承下さい。いつでもお付けしますので、どうぞおいで下さい。
当医院では、仮歯をとても大切な物として位置づけています。
*わからない事などございましたら、遠慮なくお尋ねください。

写真:プロビショナル