HOME > インプラント > 医療費控除
矯正治療

医療費控除

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合(10万円以上)、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。インプラント治療に関する治療費も、この医療費控除の対象になることをご存知でしょうか?控除申請は確定申告時に源泉徴収票と一緒に、医療費の領収書を税務署に提出することで行います。

(実際に支払った医療費の合計額)-(保険金などで補てんされる金額 )-10万円

(注)その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額
(例)生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される療養費・家族療養費・出産育児一時金など 10万円を超える金額であった場合、または所得が200万円未満の人は所得5%を超える金額であった場合、その超えた分に関して控除の対象となります。
実際にどのぐらいの金額が軽減されるかということは、その人の所得税率によって違ってきます。例えば所得税率が10%の人が年間60万円の医療費がかかった場合、上記の式に当てはめた50万円が控除対象となり、税率10%を掛けた5万円が減税になったということになります。