HOME > 矯正治療 > 見えない矯正STb
矯正治療

見えない矯正STb

リンガルブラケット矯正法の長所

1. 装置が外観上見えません(審美的)

写真:金属ブラケット使用 写真:セラミックブラケット 写真:透明なマウスピース矯正
金属ブラケット使用 セラミックブラケット 透明なマウスピース矯正
写真:リンガルブラケット矯正法の長所 写真:リンガルブラケット矯正法の長所

表に装置がつかないため、究極の審美的矯正装置といわれています。表面のエナメル質を処理しないため、治療後の表面の光沢が変わりません。

2. 矯正装置が見えないため、心理的ストレスが少なく、治療に積極的になれます

3. 前歯部のコントロールが行いやすく治療期間が短くなります


イラスト:前歯部のコントロールが行いやすく治療期間が短くなります

4. 唇側面のトラブル時に有用です。矯正中のホワイトニングもできます。

5. 唇や頬に当たらないため、装置による外傷が少ないです。スポーツもできます。吹奏楽器の使用も可能です。


イラスト:唇や頬に当たらないため、装置による外傷が少ないです。スポーツもできます。吹奏楽器の使用も可能です。

6. バイトプレーン効果が得られます
写真:バイトプレーン効果が得られます。前歯が当たり、臼歯部に離開が生じやすく、そのため、臼歯の移動に有利に働きます。

リンガルブラケット矯正法の短所の変化

  1. 治療期間が長い → 治療期間が短い
  2. 適応症が狭い → ほとんどの症例に適用できる
  3. 術式が不明確で操作性がよくない
  4. 治療結果に難がある → 歯の動きを3次元でコントロールできる
  5. 1回の治療時間が長い
  6. 患者の不快感が強い → 非常に小さく、快適

術者側の問題点は残っていますが、治療結果・違和感・痛み・期間は、唇側も舌側も同じです。唇側と舌側の違いは、矯正装置の見え具合、費用の違いだけです。

STbライトリンガルシステム

目立つメタルやセラミックのブラケットを使用せずに美しいスマイルを求める人々によって、リンガルに対する需要は増えてきています。従来のリンガルアプライアンスは効果的なオプションではありましたが、残念ながら快適性や使い勝手には劣っていました。
オームコのSTbライトリンガルシステムによって術者は治療をコントロールし、患者は誰にも気づかれることなく快適にスマイルを変えることができます。

Dr.ScuzzoとDr.Takemotoは非常に小さく、快適で、効率的になるようにSTbをデザインしました。STbライトリンガルシステムは患者の協力の必要性を減らし(特にマウスピース矯正と比較して)、弱い力を用いて3次元的コントロールができるようになっています。さらにSTbは術者やスタッフにとっても使いやすくなっています。

  • 目立たず快適
  • 歯の動きを3次元でコントロールできる
  • ほとんどの症例に適用できる
  • 外したり間違って装着したりすることがない

写真:STbライトリンガルシステム