HOME > 歯周病治療 > 歯肉剥離掻爬手術・フラップオペとは
歯周病治療

歯肉剥離掻爬手術・フラップオペとは

歯周ポケットの深さが5ミリ程度までであれば麻酔をして衛生士、あるいは歯科医師が機械的な手用器具あるいは超音波スケーラーといったものを用いて清掃することは可能です。
つまり非外科的に歯周病を治療することは可能です。ただしそれ以上ポケットが深くなってくると、当然手用器具はポケット底にまで達しませんので、歯茎を開いて根を直接目で見て根面を清掃するといった専門的な手術(歯周外科)が必要になります。

ポケットが5mm以上(歯肉の中で下に5mm以上)だと、歯石は誰が除去しても取り残すと文献的にも言われています。それは、歯肉の内側までは外から見えないため、手探りで歯石を取らなければならないからです。目を閉じて取っているのと同じことです。また、5mm以上の深さのため、歯肉が邪魔になって、器具が入っていかないからです。

イラスト:歯肉剥離掻爬手術・フラップオペとは

では、どうやれば歯石は取れるでしょうか?
歯肉を歯から剥がして、歯石が直接見えるようにして取ればどうでしょうか。
歯肉も邪魔になりません。こうすれば、誰が取っても、取り残すことはありません。

写真:膿 写真:ポケット6mm 写真:歯石 写真:歯肉剥離掻爬手術・フラップオペとは
ポケット6mm 歯石

治療費

上下顎 保険適応で、

歯肉剥離掻爬手術 1800円(600点)× 本数
歯肉歯槽粘膜形成 8500円(2830点)
のみ薬代 500円
合計 ?円

歯石を取る以外の特殊な手術が必要な場合は、保険適応外で、各回8万円(最大で、上下左右臼歯部の4回)

特殊な手術の説明はこちらから、