HOME > 歯周病治療 > 歯周外科の8つの目的
歯周病治療

歯周外科の8つの目的

歯周外科の8つの目的として下記の8つが挙げられます。

  1. 狭義の歯肉剥離掻爬手術 (骨縁下ポケットへの対応)
  2. 根分岐部病変への対応
  3. 骨形態異常への対応
  4. 付着歯肉への対応
  5. 欠損部歯槽堤への対応
  6. 根近接への対応
  7. 歯肉縁下カリエスへの対応
  8. P.P.S

それぞれ臨床例とともに説明します。

1. 狭義の歯肉剥離掻爬手術 (骨縁下ポケットへの対応)

5mm以上のポケットに対する歯石を除去した後です。
炎症が残っていると術後の出血が多い

写真:狭義の歯肉剥離掻爬手術 (骨縁下ポケットへの対応)

2. 根分岐部病変への対応

写真:根分岐部病変への対応
根分岐部病変 ; 骨移植

根分岐部病変には下記で対応します。

  • フルーティング(歯冠形態・骨形態)
  • トンネリング
  • バイカスピダイゼーション
  • ヘミセクション(トライセクション)
  • ルートアンプテーション
  • GTR法
  • Bone graft(骨移植)
  • 戦略的抜歯

この症例はBone graft(骨移植)で対応しました。


3. 骨形態異常への対応

再生療法(骨移植術/GTR/GBR/廓清術)

写真:骨形態異常への対応

切除療法 (骨整形術・骨切除術)

写真:骨の膨隆、膨隆を外科的に削除
骨の膨隆 膨隆を外科的に削除

審美的な理由と、歯と歯肉の境目の歯磨きができないため、骨を削除しています。

4. 付着歯肉への対応

歯の周囲は堅い角下歯肉で被われていると抵抗性が増します。

写真:付着歯肉への対応

付着歯肉を獲得する方法は下記に挙げます。

  • 有茎弁歯肉移植術
  • 遊離歯肉移植術
  • 遊離結合組織移植術
  • 歯肉弁根尖側移動術
  • 小帯切除術

この症例は、遊離歯肉移植術で対応しています。

5. 欠損部歯槽堤への対応

顎堤の幅を広げ、補綴のスペースを作りました。
頬の粘膜が入りこんでいるため、汚れが取れません。

写真:欠損部歯槽堤への対応

歯槽堤増大術を行う方法として下記があります。

  • パウチ法
  • ロール法 
  • オンレー・グラフト法
  • GBR法

この症例は、ロール法で対応しています。

6. 根近接への対応

→ のスペースの差に注目して下さい。
歯と歯が接触しているとハミガキはできず、被せの型も取れません。

写真:根近接への対応
骨を削除して歯の距離を大きくしています。


根近接への方法として下記が挙げられます。

  • 骨切除(歯牙形態修正)
  • 歯根切除
  • Orthodontics(矯正)
  • 戦略的抜歯

この症例は、骨切除(歯牙形態修正)で対応しています。

7. 歯肉縁下カリエスへの対応

歯肉の下まで歯の欠損があると、型がとれません。
そのため、歯肉の上に最低でも1mm以上の歯が必要になります。

写真:歯肉縁下カリエスへの対応
歯肉を根尖側に移動して縫合しています。

8. P.P.S (Periodontal plastic surgery)

歯周外科の中でも審美的要素が強い
(根面被覆 ・歯槽堤増大術)
写真:P.P.S (Periodontal plastic surgery)