HOME > 歯周病治療 > メンテナンス
歯周病治療

メンテナンス

治療後のメンテナンスは治療以上に大切

グラフ:治療後のメンテナンスは治療以上に大切
歯肉縁上プラークの存在下では、歯肉縁下細菌叢がすぐに
(4~8w)再定着した文献
Magnusson, I., Lindhe, J. et al J. Clin.Periodontol., 1984
さて、大切なことは一度歯周組織炎になれば術者によってその細菌を歯面から除去せねばなりませんが、たとえ除去して健康になったとしても歯茎の上にその原因であったプラークがまた付いてしまえばまた同じ病気が再発するわけです。フロリダのマグヌソン教授が実験してみると、ポケットの中から術者が細菌を除去した後(麻酔下でのスケーリング)、歯の上にまた細菌が付着するつまり歯ブラシがうまく使えないとポケットの中の細菌が4~8週間でまた増えてくるということがわかっています。つまり治療した後患者さんが歯ブラシを上手く使えないとすぐ再発するわけです。


おまけにこの歯周病の細菌というのは1~2年でできあがったポケットの中に増えたわけではけしてなくって、歯が生えてから、つまり6歳で歯が生えて、例えば成人性の歯周組織炎となるとだいたい35歳くらいが目途になりますが、その間に30年近く過かって貯まった細菌を我々がほんの1~2時間の間に除去してしまうわけですが、そこの部分に歯ブラシが届かなければこの30年過かって増えた細菌がほんの4~5週間でまた増えて病気が再発するということになります。ですからもちろん歯周病の予防には歯ブラシでプラークが付かない様にすることも大切ですが一度歯周病にかかって治療が終わった後、その再発の予防にも機械的、つまり歯ブラシで歯茎の上のプラークが歯茎の上の歯面に付かなくなるということは非常に大切です。たくさんのマウスオシュ(洗口液)が市販されていますが、残念ながら一度歯面あるいは根面に着いてしまったプラークを取り除く薬剤は現在の所ありません。洗口液はあくまで補助的なものと考えた方がよいでしょう。

イラスト:治療後のメンテナンスは治療以上に大切歯ブラシもしないのに歯周病にならない人もいれば、歯ブラシをかなりしているのに歯周病になる人もいます。これはどうしてでしょう?歯周病になるには3つの要素があります。その一つとして歯を支えている組織が細菌の感染に強いということになれば、歯周病に罹患しませんが、弱い場合は当然歯周病になりやすいわけですが、歯周病菌に対する抵抗力は遺伝学的に決められていますので変えることができません。一方、ある時期、歯と歯茎の間に防御機能が弱った時、例えば20歳のあるときに歯と歯茎の間の細菌に対しての抵抗が弱ったとしたら歯周病に感染することになりますが、それに35歳で気づいたとしてももうこれは手遅れなわけです。この歯と歯茎の間の防御機能を強化するということは遺伝学的に決まっていることなので不可能です。そして3つ目に残る要素として歯面に付いた細菌、つまりプラークの質や量が問題となるわけです。歯面に付いたプラークの内おそらく10数種類が歯周病を引き起こすと考えられていますが、虫歯のようにある特定の菌が歯周病を引き起こすということがわかっていません。運良く歯周病菌がいなければ当然歯周病は発症しないわけです。たとえ歯周病菌が歯面に付いていたとしても我々はこれをコントロールする事は可能です。決して細菌を0にする必要はありません。結核菌の保菌者でも発病しない人はたくさんいます。それと同様に歯面に付着した歯周病菌の数をある一定レベルで減らしてあげれば生体が正確に防御するわけです。もちろん全身疾患、例えば血液疾患などの患者さんにおいては細菌の数をほぼ0にしないと歯周病を発症する事になります。

イラスト:治療後のメンテナンスは治療以上に大切一度歯周病に罹患したということは、治療が終了して、健康な歯周組織が快復されても、この3つの要素のどれかに問題があったわけですから、再発を防止するために、治療後のメンテナンスは必須です。最近では、サポーティブ・ペリオドンタルセラピーと言う言葉が盛んに使われています。つまり、患者さん自身のプラクコントロールに加え、歯科医師・歯科衛生士達による積極的な機械的あるいは化学的なプラクコントロールの大切さが再認識されています。

悪くなってから治療するのではなく、治療後の状態を維持する事!!
それがメンテナンスです。