HOME > 歯周病治療 > 歯周病40歳の比較
歯周病治療

歯周病40歳の比較

左は歯にあまり気をつけていない方で、時間もかけずに歯を磨いて、痛くなったら歯科医院で治療を受けてきました。予防よりも悪くなったら治療に行くという治療が中心だったので、歯を磨いているにもかかわらず歯がどんどん悪くなっていきました。自己流で強く磨いているので、歯肉も腫れ、痩せてきました。しかし、健康にはたいいへん関心があり、これまでには歯の治療の為にかなりの時間や費用をかけてきましたが、歯が悪くなってしまいました。

写真:歯周病40歳の比較 写真:歯周病40歳の比較

右の方は健康に関心があるわけでもなく、特に歯磨きが熱心というわけでもなく、歯に関しても特に気をつけているというわけではありません。しかし長年にわたって3ヶ月に1回程度予防に通っています。
定期的に歯垢、歯石を取っているので何年もの間むし歯になることもなく歯周病の傾向も認められません。
これまでに予防に要した時間や費用は左の方に比べるとごくわずかです。しかも、歯の健康状態は左の方よりはるかによい状態に保たれています。

歯周病は発症させないことが最も大切なのです。



写真:写真:発症させないことが最も大切

* 悪くもないのに歯科医院に通う、これは不必要で面倒なことでしょうか?