お問い合せ

インターネット予約はこちら

はじめての方に

完全予約制となっております。 ネット予約かお電話からご都合の よい日時をお知らせください。

症例はこちら

患者さまの声

講演履歴

歯科衛生士求人

日本の歯科100選

Powered by 口コミ病院検索QLife
顎関節・噛み合わせ・親知らず

スプリント

咬む力が強い・・・はぎしり、くいしばりをする・・・

日常生活においてこのような癖がある場合、又は、咬み合わせに異常がある場合は、補綴物(銀歯やブリッジ)や歯牙そのものが磨り減ったり周りにある骨に影響が出たり、何らかの痛みが生じたりする可能性があります。そのような症状を防ぐ為に、スプリントを入れる必要があります。9割以上の方が、はぎしり・くいしばりをするといわれていますが、その原因のひとつが、ストレスといわれています。

スプリントとは、上下の歯が直接咬み合わないようにする為のクッションのようなものです。通常、就寝時に装着します。少しでも歯牙に対する負担を軽減させ、寿命を永くさせましょう。

写真:スプリント

こんな方によくみられます。

写真:こんな方によくみられます。
<歯が磨り減っている> <楔状欠損がある> <骨隆起がある>

(注)咬む力が強い、はぎしりやくいしばりをする行為は、病気ではなく、癖なので、スプリントを入れる事により、そのような癖が治る訳ではありません。