お問い合せ

インターネット予約はこちら

はじめての方に

完全予約制となっております。 ネット予約かお電話からご都合の よい日時をお知らせください。

症例はこちら

患者さまの声

講演履歴

歯科衛生士求人

日本の歯科100選

Powered by 口コミ病院検索QLife
顎関節・噛み合わせ・親知らず

歯ぎしり

「歯ぎしり」「噛みしめ」について

「歯ぎしり」「噛みしめ」は決して特異なものではありません。96%の人がしているという報告さえあります。(Peterson 1955)。誰でもしている一種のくせと考えて良いと思います。ですから、特に問題を起こさない限り、放置しても構わないのですが、時には、次のような問題を起こします。


  • 歯への障害
    歯の磨耗、歯の破折、歯がしみる、噛むと痛い等
  • 歯周組織への障害
    歯肉炎 歯周疾患(歯周炎=歯槽膿漏)
  • 顎関節への障害
    顎関節痛、開口障害、カックン音等
  • 全身への障害
    顔面痛、頭痛、肩凝り、腕のしびれ、腰痛等
  • その他
    舌痛症、むちうち症状、倦怠感等
イラスト:「歯ぎしり」「噛みしめ」について

イラスト:「歯ぎしり」「噛みしめ」についてこれらの症状がすべて、「歯ぎしり」「噛みしめ」からくるわけではありませんが、無用な癖はなくしておく方が良いと思います。このくせは眠っている時とか、何かに夢中になっている時とかに起こるので気づきにくく、治すのも同じ理由で治りにくいのです。治すためにマウスピースを入れる方法もありますが、道具に頼るといつまでもそれを入れていなければならないし、やめればまた、戻ってしまいます。

あなたが、本気になって治す気になれば意外と簡単に治っていくものです。
では、その方法をお教えします。

《1》まず、日中の気付きから始めます。

  • 仕事等に夢中になっている時、ふと気がつくとしっかり噛みしめていたり、舌を吸いつけたりしていることがあると思います。そんな時、肩を上下させ、首から上の力を思い切り抜いて、頬の力を抜き、歯を噛み合わせないようにしてから、そのまま再び仕事に向かって下さい。
  • できたら、初めのうちは、口元も半開きにすると良いのですが、人前をはばかるようでしたら唇は合わせても良いでしょう。
  • かみしめるのをうまく気づくというのは、意外とむずかしいものです。普段よく使う道具にマジックインキとか、カラーテープとかで、目印をつけて、それを見たら思い出すようにすると良いです。主婦でしたら、水道の蛇口やまな板、包丁とかに。事務の多い人はペンとか、キーボードとかに。また、車の人はハンドルというように。

《2》日中はなんとかできるとして、問題は夜眠っている時のことです。

眠っている時のことなど、コントロールできないと思っている人が多いと思います。しかし、「明日の朝4時に起きなければいけない」と思って寝ると、不思議とその時間に目が覚めるという経験をしたことはありませんか。眠っている間も、体内時計と「起きなければいけない」という意識が共同作業をして、正確にその時間に目が覚めるということを私たちはできるのです。そんな難しいことができるのですから、上下の歯を合わせないようにリラックスして眠るなどという作業は、「その気」になりさえすれば意外と簡単にできるものなのです。成功の秘訣は、あなたがどれだけ「その気」になるかにかかっています。

〔1〕前準備

  • 枕を低くしましょう。
    後頭の一番出っ張ったところより首の付け根近くに枕をあてるようにします。そうすると頭が上を向くので、口が開きやすくなるからです。主に仰向けに寝る人は、バスタオルをロール状に巻いて長い枕をつくるのも良いでしょう。横向きに寝る人は、背筋がまっすぐになるような高さにしてください。
  • 布団に入ったら何も考えないようにしてください。
    団の中は眠るだけの所と決めてください。もし、どうしても考える事があれば、もう一度、布団から出て考えてください。あるいは、朝目覚めてから布団の中で考える習慣をつけるとよい考えがでてきます。

〔2〕本番

  • まず、思い切り噛みしめてみてください。1~2秒後に、フッと顎の力を全部抜いてみて下さい。わずかに口が開くと思います。その位置が理想的なリラックスした位置で、このまま一晩中、眠ってくれると一番よいのです。次に、思い切り大きな口を開いてから、同じようにガクンと脱力してみて下さい。たぶん、ほぼ同じ位置に顎が閉じるだろうと思います。ただし、顎の関節が痛くて開かない人は無理せず開けられる所まででよいです。
  • この時、呼吸を一緒に合わせると良いと思います。つまり、力を入れるときに息を吸っていったん1~2秒止めてから、脱力する時に、一気にはくのです。口を半開きにしたまま、次の動作に移ります。
  • 次に、肩に思い切り力を入れて、1~2秒してから突然脱力して下さい。この時も呼吸を合わせて下さい。同じように、胸、腹、太ももも脱力して、最後に足の先からその日のすべての疲れとストレスを追い出してやるようなきもちで大きく息を吐き出しながら脱力します。何回もやっていると、手のひらや足の裏あたりが少し温かくなった感じがしてくるかもしれません。それを感じたら、もっともっと温かくなるのを感じてください。
  • 最後に、もう一度、顎の力が抜けていることを確かめます。

〔3〕自己暗示

呼吸に意識を傾け、はく時に脱力するのを繰り返しながら、手足やお腹が温かくなってくるのを、感じてください。また、吐く時に、自分がリラックスできる言葉を唱えるのも良いでしょう。たとえば「リラックス、リラックス」「いい気分、いい気分」「楽だ、楽だ」等何でも良いです。また、「噛んではいけないぞ」「歯を合わせない」「開けて寝る」等を言い聞かせます。そして、次の朝、今ある全ての症状がなくなって、すっきり爽やかに目覚めるあなたの姿をイメージしながら眠りに入ってください。

日本顎咬合学会誌 第20巻 第2号 1999

食いしばり・歯の接触癖の認知
さわる咬合・さわらない咬合 2012 クインテッセンス出版より

歯ぎしり
H25.4.19 大阪読売TV・ミヤネ屋にて当医院が放映