HOME > 審美治療 > 機能審美とは
審美治療

機能審美とは?

機能審美とは、よく噛めて見た目がいい、といったごく当たり前の歯科治療のことです。ただ美しさだけを追求するのではなく、機能の向上も目指します。逆もしかりです。

見た目はいいから、噛めるようにしてほしい

この要望は実現可能でしょうか?見た目がそこそこで、噛めるでしょうか?
見た目は色だけではなく、形・バランスにも影響されます。見た目のいい歯は、いい形・いいバランスをしています。
つまり、よく噛めるということではないでしょうか。よく噛めるということは、見た目もいいのではないでしょうか?

<見た目はいいから、噛めるようにしてほしい>・・・・・ 無理です。

噛めるようにすれば、見た目もよくなります。どんな治療においても機能的な要素も審美的な要素も無視できません。インプラントにも、入れ歯にも、全ての治療において言えます。

よく噛めるとは

写真:よく噛めるとは臼歯部において、第一大臼歯には7〜8点の接触点が必要といわれています。

しかし、保険適用の銀歯だと、咬む接触点は2〜3点が限界です。 それは、材料的に適合精度に限界があり、製作工程1回と少ないからです。 これでは、噛めるとは言えません。見た目もよくありません。

しかし、保険外のセラミックだと、きちんと咬み合わせる事ができます。それは、適合精度がよく(30〜40ミクロン)、製作工程は4回あるからです。咬む接触点の数が多く、7〜8点以上あります。しかも、歯に近い色です。形は天然歯のようです。よく噛めるということは、見た目もいいのです。

よく噛めるようにするには、保険外というより、材料は、かみ合わせを足すことのできる材料を使用すること、製作回数が必要であること、適合精度がいいこと、特にインプラントの場合は、天然歯以上に精度が必要であることを厳守しなくてはなりません。

見た目がいいとは

もともと審美歯科という分野は単独で存在するものではありません。一部の歯科医師が多用したことで、あたかもそういう専門の分野があるかの如く考えられていますが、そうではありません。本来の歯科医療全てに、審美的な視点が必要で、虫歯治療にも、歯周病治療にも、インプラントにも、入れ歯にも、全ての治療の中に含まれていると考えるのが正しい審美治療だと考えます。

ただその一瞬だけ見た目を良くすることは簡単ですが、永く美しい歯を維持していく為には、その人に合った根拠ある審美性が求められます。

ただ闇雲に被せるだけではいけません。 総合的に口腔内を改善させることが大切なのです。