HOME > 審美治療 > ノンメンタル治療
審美治療

ノンメンタル治療

ノンメタル治療(金属を使わない治療)は体にやさしい治療です。

体内に有害重金属が蓄積しています!

現代人は、生活の中で様々な有害物質をため込んでしまっています。
その原因の一つに、口腔内の金属充填物が挙げられます。アメリカでは既に人体への使用が禁止されているパラジュウム・水銀という金属が、日本では健康保険の治療で使われています(いわゆる銀歯の事です)。
体内の重金属(毒素)が人体の免疫機能に悪影響を及ぼし、頭痛・めまい・アトピー性皮膚炎・金属アレルギー・不眠をはじめ、自律神経失調症などを引き起こします。
さらに、発ガン性があるといわれています。
当医院では、体内に有害物質を蓄積させる口腔内の金属を除去し、人体に無害なセラミックや金合金に変える治療をお勧めします。


体に優しい、アレルギーフリーの詰め物があります。

ニッケル、パラジュウム、銀、スズなどの市販のアクセサリーで金属アレルギーを起こした経験はありませんか?
日本の健康保険制度では、水銀、パラジュウムなど、人体に良いとは言えない物しか許可されていないのが現状です。質の悪い合金は味覚障害や、接触性皮膚炎などの原因にもなります。しかしそういった中で、金・プラチナの合金などは、体に優しい、アレルギーフリーの金属です。
また、金属ではないセラミックを使用すれば、金属アレルギーは起こりません。


※ 保険の詰め物は、12パーセントの金と銀・パラジュウムの合金です。