HOME > 審美治療 > 前歯部の補綴
審美治療

前歯部の補綴

『あなたにとっての最高の治療』と『保険制度範囲内での最良の治療』には大きな差があることを知って下さい。

美しい歯オールセラミッククラウン/セラモメタルクラウンとは??

今の保険制度のもとでは、「応急処置」的な治療をするのが精一杯というのが現状です。しかし、私たちは「すべての患者さんに対して十分に時間をかけ、最良の材料を使い、最高の技術で、完璧な治療をしてあげたい」という気持ちを常に持っています。ご紹介する『オールセラミッククラウン/セラモメタルクラウン』もその完璧な治療方法のひとつです。自由診療では経済的な負担も多少増えますが、一時しのぎではない本当の美しさと確かさが得られます。


保険治療の場合

写真:保険治療の場合* 〔レジン〕と呼ばれるプラスティック素材の使用しか認められていません。

最初は色が合っていても1~2年すると変色し、強度も低く擦り減ってくるため再治療の恐れがあります。
吸水性があるため、着色しやすいです。


自費治療の場合

写真:自費治療の場合天然の歯に合わせて金属の上に陶を焼き付ける歯材〔セラモメタルクラウン〕を使用します。
主に、欠損歯列・動揺歯に使用します。
●陶材を使用しているため違和感もなく、強度性もあり、歯の変色もなく美しい歯を維持できます。
●歯の色、歯の形をひとりひとりに合わせて陶材(セラミック)を使用し、オリジナルを作ることができます。

写真:自費治療の場合上記のセラモメタルクラウンから金属を一切使用しない陶材のみの歯材〔オールセラミッククラウン〕を使用します。
主に、単冠として使用します。(1歯欠損であれば可)
金属を使わない為、金属が溶け出しません。
●光を通過させる為、明るい仕上がりになります。
●健康な歯との見分けがつかないほど自然に仕上がります。