HOME > 審美治療 > 後方臼歯は銀でいい?
審美治療

後方臼歯は銀でいい?

写真:後方臼歯は銀でいい? 見た目だけでなく、機能的にも問題がでやすいのです。
現在の保険制度では、奥の歯は、銀の金属の詰め物か、レジンと呼ばれるプラスティックで詰めるルールになっています。
銀の金属は歯より硬すぎ、レジンは歯より柔らかすぎます。
そのため、経年的に歯・金属・レジンが磨り減ることによって歯との境目ができてしまいます。

保険適応分

~3方法あります~

写真:レジン1. レジン
(その場で直接作製)
境目が欠けやすい・ずれやすい

写真:金属・メタルインレー2. 金属・メタルインレー
歯が欠けやすい

写真:レジンインレー3.レジンインレー
(型を採って作製)
詰め物が欠けやすい・境目が欠けやすい

保険外

~2方法あります~  (どちらも材質は同一のセラミックス)
歯と同じ硬さのため、歯と同様に磨り減るため、境目ができません

写真:セレック3D1. セレック3D
コンピューター上で設計・製作します。そのため技工料が発生しません。
同日の装着も可能です。ただ、咬み合わせ面の山・谷に限界があります。
1歯 50,000円(税抜)

写真:ポーセレンアンレー2.ポーセレンアンレー
型取りし、模型上で技工士が作製します。技工料が発生します。
上記より咬み合わせ面の山・谷に、さらなるきめ細かさを表現できます。
そのため、咬み合わせを限りなく作れます。
1歯 80,000円(税抜)