HOME > 審美治療 > ダイレクトボンディング
審美治療

ダイレクトボンディング

自費のコンポジット充填

以前詰められた、保険内での白い詰め物です。
痛みがあるとか、取れてしまっているわけではありません。
しかし、変色し、回りに隙間ができていて、そこから虫歯菌が入ってしまいます。
なぜ、こんな結果になるのでしょうか? ウデが悪いのでしょうか?

原因として、時間をかけてないことが考えられます。
1. 防湿(ジンパック、ラバーダム、ズー、麻酔)〜濡れた所には付かない
2. 拡大(マイクロ、ルーペ)〜肉眼では見えない
3. 接着(EDTA、リン酸、GM、ボンディング、流動性レジン)〜各ステップを略さない
4. 材料(保険外の材料、Kerrプレミス)〜保険内と保険外の材料がある
5. 積層充填(オペーク、デンティン、エナメル、トランス)〜各ステップを略さない
6. 歯の形態、咬合の知識と、それを再現する技術

きちんと1歯を詰めるのに、30分から1時間は必要です。保険だと、1歯296点、つまり2960円です。(患者負担は890円)この金額で、きちんとした詰め物をするための時間は可能でしょうか。

自費コンポジット充填 治療費

前歯Ⅲ級窩洞(小さい虫歯): 30,000円(税別)
前歯Ⅴ級窩洞(小さい虫歯): 30,000円(税別)
前歯Ⅵ級窩洞(大きい虫歯): 40,000円(税別)
臼歯Ⅰ級窩洞(小さい虫歯): 30,000円(税別)
臼歯Ⅱ級窩洞(大きい虫歯): 40,000円(税別)

治療例

前歯Ⅵ級窩洞(大きい虫歯)

臼歯Ⅰ級窩洞(小さい虫歯)

前歯Ⅴ級窩洞(正中離開)

前歯Ⅵ級窩洞(大きい虫歯)