HOME > 審美治療 > 究極の補綴
ホワイトニング

白さはどのくらいもつの?

歯の白さのキープ

さて、施術後、歯が白くなりました。おそらくクライアントからは、「この白さはどのくらい持つのですか?」という質問が出ると思います。この質問に対して具体的な日数を挙げて回答はできません。なぜならば、生活習慣により、歯に色がつく期間には個人差があるからです。考えてみてください。タバコを吸う人、コーヒーをブラックで一日5杯も飲む人、赤ワインを頻繁に飲む人、カレーなどの色の濃い食べ物を好んで食べる人、などはすぐに色が着くでしょう。しかし、このような習慣がなく、毎日、歯のお手入れをしっかり行う方などは白さが長持ちします。このように生活習慣の違う方々に対し、一律の期間を挙げることができないのは、十分に理解していただけると思います。それでは、どのように説明すればいいのでしょう。それは、簡単です。「髪の手入れと同じなのです。髪も伸びればカットするし、色が落ちればカラーリングしますよね。歯も色がついたなと思ったら、ホワイトニングに来てください。」非常に簡単で説得力がある言葉だと思いませんか?

「歯の白さはどのくらい持つのですか?」
着色の強い嗜好物や色の感覚は個人差がありますので、
人により着色の時期や度合いが異なります。
        ↓
「色が付いたな、と思ったら次のホワイトニングのタイミングです。」

メンテナンス

ホワイトニングのメンテナンス
ホワイトニングのメンテナンスにはいくつかの方法があります。

オフィスホワイトニングで行うメンテナンス

定期的に(色がついたなと感じた時期。少なくとも6ヶ月毎)オフィスホワイトニングを受ける。

■お勧めしたい方

  • 毎日忙しくてホームホワイトニングができない方
  • ホームホワイトニングが面倒と思われる方
  • エナメル質に損傷がある方(損傷部分をカバーしてホワイトニングします)

ホームホワイトニングで行うメンテナンス数ヶ月毎に、一回数時間2~3日、ホームホワイトニングを自分で行う。


ホームホワイトニングで行うメンテナンス

数ヶ月毎に、一回数時間2~3日、ホームホワイトニングを自分で行う。

■お勧めしたい方

  • 歯科クリニックに行く時間がない方
  • 自分でケアーしたい方

強い着色のホワイトニング(テトラサイクリン症など)

オフィスホワイトニングだけですと何回も必要になり、高額な費用になります。ホームホワイトニングと併用することで効果的なホワイトニングが可能となります。具体的には、オフィスとホームを交互に行います。

<オフィス>→(翌日よりホーム2週間)→<オフィス>→(翌日よりホーム2週間)→<オフィス>

3回目のオフィスホワイトニングが終了した時点で患者さんの満足度を確認し、要望に応じてそれ以降はホームホワイトニングで継続してください。