HOME > 審美治療 > 究極の補綴
ホワイトニング

オフィスとホームどっちがいいの?

よく、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのどちらがよいのでしょう、という質問をされますが、これはどちらがよいというものではなく、単なる方法の違いと考えていただいたほうがよいでしょう。ホームホワイトニングはお家で行っていただくので、安全面から、薬剤は低濃度です。従って、時間がかかります。しかし、オフィスホワイトニングは、高濃度の薬剤を使用するため、クリニックで行いますが短時間で完了します。これは、クライアントの要望に合わせて選択してください。ただしご注意いただきたいのは、クライアントの歯の状態です。ホワイトニングの対象は「健全なエナメル質」である、ということが基本です。

エナメル質に何らかの損傷、例えば、クラック、カリエス、露出象牙質、くさび状欠損、咬耗などがある場合は、そこが原因となり、痛みが出やすくなります。特にホームホワイトニングは薬材の濃度が低いとはいえ、その損傷の程度によっては、ホワイトニング中に痛みがでてくる場合がありますので、使用前の診断及び処置が必要になります。オフィスホワイトニングの場合は、損傷部分を歯肉保護材などを使ってカバーすればホワイトニングを行うことができます。その損傷部分の処置は、ホワイトニング後に行えばよいので「早く白くしたい」クライアントの要望に応えることができます。