HOME > 審美治療 > 究極の補綴
ホワイトニング

インターナルブリーチ

インターナルブリーチとは、神経治療をした歯の内側に穴を開け中から専用の漂白剤を注入し、歯の色を改善する術式です。一般に言われる、神経のない歯、神経の死んでいる歯を白くする方法です。漂白材として、当医院では、38%過酸化尿素(商品名 ブースト)を使用しています。
以前よく使用されていた過ホウ酸ナトリウムは、歯根の内部・外部吸収を起こしやすいため使用しません。

写真:インターナルブリーチ 点線で囲んでいる部分は、神経がなく黒ずんでいるためインターナルブリーチを行いました。漂白剤が漏れても大丈夫な状態するために、ブルーの歯肉保護材でカバーしています。
写真:インターナルブリーチ インターナルブリーチを行い術前よりは、白くなりましたが、コンポジットレジン充填をされていたため、歯の色全体を揃えたいというご希望のため右上1番は、ラミネートベニアを行いました。
写真:インターナルブリーチ
ラミネートベニアを行った術後です。
とても自然に仕上がりました。
歯の内側の穴は、
3層に詰められています。

通常1回でも、白くなりますが、後戻りを考えると、3回の施術をお勧めします。
材料費:\8.000施術費:\10.000×回数(3回程度)
その他、保険治療費:\3.000前後×3回(初診時、神経治療時、最終充填時の3回)
※すべて税抜
<治療の流れ>
 1回目 初診時、状態の確認と治療の説明
 2回目 神経治療(保険治療)とインターナルブリーチ①
 3回目 インターナルブリーチ②
 4回目 インターナルブリーチ③
 5回目 最終充填(保険治療)
ただし治療費は、1本の場合で、数本の場合は、上記×本数となります。
インターナルブリーチの前にほとんどの方が神経治療のやり直しになりますが、費用は上記に含まれています。

  <インターナルブリーチ症例>